• 01/03/2012

自動車リサイクル法案 – エコカーなび

エコカーなび TOP → 関連法 自動車リサイクル法案

自動車リサイクル法案

自動車リサイクル法とは、自動車メーカー等や関係事業者による再資源化等の実施に関する事項を定めることにより、使用済自動車の適正な処理と資源の有効利用を図る目的で制定されました。 自動車は元々、鉄やアルミ等の金属が多く使われているためリサイクル率は高く、総重量の約80パーセントがリサイクルされ、残りの20パーセントはシュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残るゴミ)として主に埋立処分されていました。しかし、近年になって埋立処分スペースが残りわずかとなり、埋立処分費用の高騰などの原因により、不法投棄・不適正処理が問題視されています。 産業廃棄物の最終処分場の逼迫によるシュレッダーダストの処分費の高騰、鉄スクラップ価格の低迷なども起こり、今までのリサイクル処理システムがうまく機能しなくなってきたのです。 また、カーエアコンの冷媒に利用されているフロン類が正しく処理されないと、オゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こすことで、リサイクルするにあたり、爆発性のあるエアバッグ類を安全に処理するには専門的な技術が必要とされることも問題となっていました。 そこで、これらの問題を解決するために2005年1月からスタートしたのが、「自動車リサイクル法」です。それにより自動車メーカーを含めて、自動車のリサイクルに携わる関係者が適正な役割をすることによって、使用済自動車の積極的なリサイクル・適正処理が行われるようになりました。

関連法

  • 自動車リサイクル法案
  • 自動車NOx・PM法
  • 自動車排出ガス規制
  • 低排出ガス車認定制度
Close Bitnami banner
Bitnami